絵本塾カレッジ

「第3回 創作絵本コンクール」の審査結果および講評です。

絵本塾カレッジ主催「第3回 創作絵本コンクール」に多数のご応募をいただき、誠にありがとうございます。

 8月16日、第3回創作絵本コンクールは、第一次審査で選考された16作品を対象に最終審査会が行われました。選考の結果、審査委員総員は以下の8作品を本年度の授賞作品に選出いたしました。

・ [ 大        賞 ]  『はにわくん』                  まつながもえ : 作/絵

・ [優   秀   賞 ]  『くろねこまじょねこ』         たけだくみこ : 作/絵

・ [ 審査員特別賞 ]『パンダさんのなやみごと』    藤井恵子 : 作/絵

・ [ 佳        作 ]  『だいすきだじゃあ』                スーザンももこ : 作/絵

・ [ 佳        作 ]  『ただいま』                       竹島亜紀子 : 作/絵

・ [ 佳        作 ]  『へそまがりんご』                カワカミサエコ : 作/絵

・ [ 奨   励   賞 ]   『ふうちゃんとミーのぼうけんのうた』  陣内昭子 : 作/絵

・ [ 奨   励   賞 ]   『おいらのへそ』                  たてゆうこ : 作/絵

【作品講評】

 第3回創作絵本コンクールは新型コロナ禍の中で催されました。非常時にもかかわらず、作品応募は前2回をはるかに超える応募数となりました。本コンクールが絵本作家を志す人々に認知されてきたということでしょうか。また、作品審査と並行して8月8日から15日までの一週間、コンクール主催者による応募作品展示会が東京神田のブックハウスカフェ特設会場で催行されました。一般に公開されるこの展示会も本コンクールの特色となっています。

 第1次審査は、上記の作品展示会期間に審査委員6名が独自の評価視点から個別に全作品を審査し、それぞれ順位を附した5作品を最終審査に推薦する選考方法で行いました。審査の結果、各委員の個性豊かな独自評価から16作品を第1次通過作品として推薦しました。

 最終審査会は、上記16作品を対象に審査委員総員参加の合評による審査として授賞作品の選考を進めました。

 まず、創作絵本コンクール大賞に、まつながもえさんの『はにわくん』を選定。同作品は、複数委員が唯一最上位に推薦した作品でしたが、合評のなかでもテキストにやや難があるものの新鮮な題材やさわやかな物語構成に賛意が集中、異論なく決定となりました。 …登校準備中の子どもの背後に流れる ”大雨で100体のはにわが流出” というニュースから始まる物語は、はにわくんを転校生として迎える学校や児童を活写して、はにわづくりでヒートアップさせるという愉快な展開。そして ”はにわ、古墳で見つかる” とテレビニュースを流して結びます。たのしい作品でした。

 優秀賞は、たけだくみこさんの『くろねこまじょねこ』に。同作品は、物語の舞台となる森や小動物に草花を、実力が感じられる絵画技法でていねいに描き上げた完成度の高さを評価しました。 …人間ぎらいのまじょねこが森の中ではとてもたよりにされる薬職人であり、そんなまじょねこがふとした契機で、「にんげんも、わるくないかもね」と、ふんわりと結ぶ寓話風のテキスづくりにも作者の力が感じられました。

 応募者の多くは、すでに作品出版の実績のある方、あるいはイラストレーターとして作画活動のある方々でした。それだけに創作水準は安定して高く、作品の優劣を決定する立場の審査委員各位にはご苦労を強いることとなりました。

 そのような選定背景から主催者のご厚意を得て、新たに、審査員特別賞が設けられ、藤井恵子さんの『パンダさんのなやみごと』に授与を決定。同作品は、動物園で一番の人気者パンダを漫画風コマ割りで、雑学知識を紹介しながら展開し、パンダにも人気者ならではの大きな悩みがあるんだぞと”なるほど”とうならせました。

 佳作には、母に対する少女のゆれる心を描いた、スーザンももこさんの『だいすきだじゃあ』。達者な描出でペンギン一家の一日を語る、竹島亜希子さんの『ただいま』。ユニークな描出が魅力の、カワカミサエコさんの『へそまがりんご』の3作品が選ばれました。。

 さらに、入賞作品と甲乙つけがたい、今一歩の精進を促したい作品として、新たに奨励賞を設け、陣内昭子さんの『ふうちゃんとミーのぼうけんのうた』、たてゆうこさんの『おいらのへそ』の2作品に授与することを決定しました。

 今回もまた、応募くださった方々、絵本作家を志す人びとの熱意の結晶にふれることができました。近い将来、みなさんの創作作品が広く読まれ、語られるようになることを期待し、希望を持って参りたいと想います。

 また、コンクール主催にご尽力くださった方々、作品展示会設営、作品審査にあたりご協力頂いた関係各位のみなさまに厚く御礼申し上げます。

2020年9月10日

審査委員長 飫肥 糺

【絵本塾カレッジ:創作絵本コンクール 審査委員】 (五十音順)

 上野与志/飫肥糺/かさいまり/風木一人/多屋光孫/ビーゲンセン

メニューを閉じる